辰巳竜一のSTORY

どこに行くにも、初めて行く場合は、どんな人が居るんだろう?と思いますよね。
ここでは、僕がどういう人間が、何をしてきて、どんな思いで蒲田で整体「トータルコンディショニング竜羽」をやり始め、
今もやり続けているのかを、
あなたに伝わるように話して行きたいと思います。

患者さんから、学ばせてもらいました

僕は、小さい頃から野球をやってきて、高校で肩を痛めました。高校生最後の大会も近かったので、痛いから休むということが出来ない状況の時に、お世話になったのが、整骨院の先生でした。
その時に僕は、人の体を変えることでこんなに喜ばれる仕事があるという事を知ったんです。
そこから僕は国家資格を取るために、猛勉強をして資格を取りました。
僕はそのまま整形外科で働くことになったのですが、どん底に落ちました。何故かと言うと、これだけ養成校で頑張ってきたのに、現場で良くなる患者さんがほとんどいなかったんです。今でも覚えています…「先生何も変わらないね〜」。本当に悔しかったです。先生が手術と言っているから仕方ない、というように、それを当たり前だと思っているリハビリの先生ですらいました。僕はカラダを見るプロとして、本当に悩んでいる患者さんの力になりたかったので、そこから休みの日には、現場で結果が出せる技術を学びに色々なセミナーに通い続けました。すると、少しずつ変化が出るようになってきました。

なぜ独立して整体をやるのか

少しずつ結果が出せるようになったところで、問題が出てきました。結果は出てきたのですが、病院のリハビリとはかけ離れた技術を使っていたので、当時のリハビリの主任から、「病院の方針とは合わないから、そのやり方を今すぐやめてくれ」といわれました。僕は自分の思っている事は突き通すので、患者さんがよくなる物をなんで辞めなければならないのか?と思い、僕は辞めませんでした。どんなやり方であれ、患者さんが喜んでくれるのが一番だと思ったからです!!
そして病院勤務では、保険の枠内でしか施術ができないため、自分が持っている技術を最大限に患者さんのために使えない。ということから、自分の持っている物を全てぶつけられる整体院の独立に、走っていきました。そして多くの患者さんの助けになると思い、全国でセミナーを開催されている、セラピストの医療団体に所属させて頂いており、技術指導のサポートをしています。今でも勉強は続けていて、腰痛から始まり色んな痛みの部位、頭痛や不定愁訴など、どんな人がこられても最善の選択や最短で悩みの解決になるように日々邁進していきます!!

代表 プロフィール

<経歴>
・厚生労働省認可 柔道整復師
・ソフィアナビゲーター(直観コーチング)
・4Cコーチング
・日本疼痛リハビリテーション協会 ベーシック(筋・筋膜・骨・関節) アドバンス(内臓・頭蓋) マスター(エネルギー) 終了
・KenYamamotoテクニック ベーシック・アドバンス 終了
・6年間 大井町整形外科クリニック勤務
<野球歴>
・玉輿芹が谷クラブ (少年野球)
・横浜ボーイズクラブ(硬式野球)
・長野県私立松本第一高等学校 (硬式野球部)
・横須賀 スクラップス