坐骨神経痛は本当に病院で改善できるのか?

はい、どうもこんにちわ、蒲田でヘルニア坐骨神経痛専門整体をしている、ミータツです。
今回から脚や腰の痛みで悩まれているあなたに、
少しでも症状がなくなり快適に買い物が出来るお手伝いが出来るように、
情報発信できればと思います。

一般的に坐骨神経痛という言葉はよくあなたは聞くと思います。
病院の診断でもよく言われている方も多いとおもいます。

実際にどういうもので、どれくらいで良くなるのか?あなたはしっていますか?

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは、腰骨の神経から脚にかけて伸びている神経が、
圧迫などにより引き起こる痛みや痺れの症状の事です。

病名ではないということです。多くはヘルニアや脊柱菅狭窄症によって
引き起こると言われています。

他の症状は、先程の脚の痛み・痺れ・筋肉の強いつっぱり感・冷感・灼熱感なども
出ることがあります。
常時の痛みもありますが、座っていると・立っていると・歩くと
など動作や大勢で症状がでることがあります。

特に当院に来院される方で多い訴えが、表面じゃなくて脚の芯がピリピリ痛いと
訴えられます。特に重症の方が多いです。

レントゲンを持ってきてくださる方もいて施術の参考にしていますが、
レントゲンで確かに神経の圧迫があります。

ですが、本当に画像診断が全てなのでしょうか?、、、

レントゲンと実際に目の前の症状の違いがある

病院に行ってレントゲンを取り坐骨神経痛の原因がわかっているはずなのに、
中々症状の改善が見られないのはなぜでしょか?

勿論急性の痛みの増悪など処置をするのには病院は最適だと思います。
特に生死に関わることに関してはプロフェッショナルだと思います。

ですが、慢性的な坐骨神経痛の痛みはどうなんでしょうか?

湿布と薬の処方で、よくなられた方はその処置で改善出来る症例だったと思います。

それでも良くならない、もしくは納得できな方があなたのように悩んでいる
のではないでしょうか?

僕がなんでこんなことを言っているのか?
というと臨床で患者を見させて頂いてる中で、

動けるカラダになっていく過程で、あまり腰椎(腰骨)ばかり触らずに他の場所から
取れていくからです。

だからといって適当に色々な所を触っているわけではなく、しっかりとした
筋膜や内臓・エネルギーの不具合が出ている所をしっかりと見極めて患者さんの、
施術にあたらせていただいで居ます。

まとめ

今は坐骨の部分が痛いだけで、坐骨神経痛だねと言われるくらいの
印象になってきていますが、手術を選択せず・薬も飲まずに坐骨神経痛の症状を、
改善するには、西洋医学の画像診断には写らない、筋膜や内臓の不具合で、
良くなるものも長引かせているのかもしれません。

なので病院ではなく、体全身を見てくれる先生を見つければ、
最短で快適に買い物が出来るカラダを手にできます。

悩まずカラダを動かせるカラダを手に入れませんか?

The following two tabs change content below.

ミータツ

大田区蒲田の腰痛専門整体 トータルコンディショニング竜羽 代表 柔道整復師<厚生労働大臣免許>筋膜・内臓・頭蓋・関節・エネルギー、様々な観点から全身の調整を行い、最短で痛みや悩みの解決。楽しくショッピングできるカラダを提供してます。